【釣果情報】夕まづめに大アジ狙ってみた(前回続き)

SLJ

この前買ってきたアイテムたち。

いけお
いけお

早速、対大アジ攻略のために購入したアイテムを使用してきました。

台風の影響で、釣りに行きたくても行けない日が続きましたね。

休日最後の8/10(月)の海はうねりがあるものの風は穏やかで、湾内なら釣りが出来そうでしたので、夕まづめ1時間だけの短時間釣行をしてきました。

釣果と購入したアイテムのレビューをしてみます。

※釣果だけ気になる方は「目次」から飛んでみて下さい。

今回のポイント

いけお
いけお

今回はボートで網場港沖に行ってきました。

ここ最近、茂木港・網場港・牧島の周辺各地でタチウオが爆釣しています。

今回訪れたのは、網場港沖でここ数日は十数隻の船と堤防には沢山の釣り人がぎっしりでした。

ボートで釣り場に到着したのはPM6時過ぎで日が暮れる7時過ぎまでの1時間で大アジが釣れるか実験してみます。



海のコンディション

当時のコンディションは、大潮・波1.0m・風1.0m/sで、台風の後にも関わらず釣りのしやすい天候。

ただ前日の台風による大雨・暴風・波浪で水質は濁りが酷い感じ。

夕まづめで薄暗く濁りの強い水中から、購入してきたアイツらはどこまで力を発揮するか見ものですね(^^)笑

いけお
いけお

きっと魚たちは台風の影響で空腹に違いないはず!

今回の戦法?

今回の戦法は、以下の通りです。

  • 同じ方向へのキャストはせず、多方向にキャストし当たりを見つける。
  • ボトム確認したら、ひたすらタダ巻き(遅巻き〜早巻きだけ調整)。
  • ナブラが発生したら、即ナブラ撃ち(笑)

タダ巻きだけの誘いをする理由として、ジャークで誘うと一時的にルアーがストップしてしまい、そこに歯の鋭いタチウオがルアーを飲み込んでしまうと即ラインブレイクしてしまいます。

したがって、当日の状況ではルアーは常に一定で動かしリアフックでフッキングさせるためタダ巻きがベストだったと思います←持論

いけお
いけお

あと水深も10mと浅瀬のため誘わなくても魚は見つけてくれそうでした(^^)



気になる釣果は?!

1時間という短期釣行で使用したジグはこの3つ。

そして気になる釣果はこちら。

定番のエソ君

夕方に良く跳ねるヒラ君

以上、この2種類が各5匹くらいの釣果でした…(ToT)

エソ君はボトム取った瞬間に「あれ、えびったかな?」と思いつつ上げれば「お前かーい!」を3回繰り返しました。

ヒラ君は表層でのナブラが半端なくて、近くに投げれば即ヒット。

サイズも40cmオーバーあるのでドラグもバンバン出るし楽しいけど、ヒラ君はアラ洗いが得意のと口はとても脆いので、「あっ…バレた。」をリアル30回ほど繰り返してました。

本命の大アジを狙うべく購入したジグにブレード付きシングルリアフック取り付けなど色々試すが、結果ヒラ君の横取り→アラ洗い→「あっ…」×30回。

最後の方は、大アジ諦めてトリプルフック搭載の100均ジグでヒラ君をなんとか写真に納めれました…。

以上、釣果報告でした(泣)



使用したアイテムのレビュー

いけお
いけお

釣果はさておき、使ってみた感触をレビューしてみます。

画像をクリックするとAmazonで詳細が確認出来ます。

JACKALLの「チビメタ タイプ-I 14g イワシ」

クリックするとAmazonで詳細が確認出来ます。

大本命でした「チビメタ君」、キャストの飛距離と沈下速度もストレス無く好印象でした(^^)

エソ君とヒラ君共にヒット有りでしたが、フロントとリアのフックはシングルフックでアラ洗いの餌食になり、ヒラ君だけは釣り上げる事は出来ませんでした…。

今回は相手が悪かったですね。次回に期待です(^^)!

DUOの「ドラッグメタルキャスト15g マイワシ」

クリックするとAmazonで詳細が確認出来ます。

続いて、「トリプルフックのコイツならヒラ君いけるか?」と思いつつ使用しました。

「チビメタ」に比べ、キャストの飛距離はアップ、沈下速度は遅い感じでした。

こちらもエソ君ヒラ君ともにヒット有りでしたが、この小さいトリプルフックでもヒラ君のアラ洗いと口の脆さに太刀打ちできず撃沈…。

上に同じく相手が悪かったため次回に期待です(^^)!

オーシャンルーラーのキラキラアシストブレード ゴールド

Amazonに売って無かったので店頭で探してみて。

続いて、途中から「チビメタ」に取り付けてみた「キラキラアシスト」です。

  • 取り付け後、飛距離と沈下速度が共にダウンしました。やはり風受けと水受け?が影響しているのでしょうね。←持論
  • 試しにジャークしてみると、ジグ特有のキビキビした動きが無くなったので状況次第で釣果に響きそう。←持論
  • フックとブレードを連結しているサルカンに透明のゴム?が付いていますが今回のヒラ君の暴力により一回の釣行で破損しました。(下の画像を参照)

ですが、明らかにヒラ君からはモテモテで、取り付け後のアタック数は激増しました(^^)

やはり「キラキラブレード」による猛アピールが有効的でしたが、こちらでもヒラ君を上げることは出来なかったですね。

みんな大好き100均ジグ

100均ならどこでも売ってるはず。

最後は大アジを諦め、確実にヒラ君をあげるべく100均ジグを採用。

すると、大きいリアのトリプルフックが功を成したのかヒラ君を釣り上げる事に成功しました(^^)

まとめ

いけお
いけお

結果は残念でしたが、ヒラ君のおかげで楽しい1時間でした(^^)

  • ブレード付きリアアシストフックの効果は間違いなく有り。ただしジグ特有のキビキビしたアクションには不向き。
  • 何度もヒットするが、アラ洗いからのバラシが何度もあれば、それは「ヒラ君」です(笑)

以上、今回の釣行で分かった事でした。

最後に、「ヒラ君」はニシン科の魚で小骨が多く非常に調理しにくい魚です。ですが昔は献上されるほど美味しい魚として扱われていたらしい。そして、なぜか岡山県でとても愛されて食されているらしい…。

いけお
いけお

味が気になる人は食べてみてね!

では、またね。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

コメント

Copied title and URL