【仕掛け】からまん棒って何ぞ?

アイテム紹介
悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

・からまん棒って何?

・使い方ってどうするの?

・無くても釣れる?

この記事では、

  • からまん棒について
  • 使い方の簡単解説
  • 釣果に関わるの?

などについて、私の独断と偏見で解説していきます(^^)

初めてウキ釣りをする方は『からまん棒』を知っておくと便利でトラブルを軽減できるアイテムです。

『からまん棒』のメリットと使用方法を押さえておきましょう。

いけお
いけお
使用してデメリットはほぼ無いですよ(^^)



からまん棒って何ぞ?

からまん棒とは

からまん棒とは、ウキと仕掛けが絡まるトラブルを軽減させる便利アイテムになります。

特に棒ウキ釣りではライントラブルが多いのでからまん棒は重宝されます。

絡まる主な原因は、棒ウキとサルカンが干渉する事で絡まりの原因になります。

したがって、棒ウキとサルカンが干渉しない様にしてあげれば絡まるトラブルが軽減されるという事なりますね。

特にウキ釣りをした事ない方や慣れていない方は付ける事をオススメします。

いけお
いけお

「からまん棒」はあくまで商品名で「からまんピン」や「止まるん棒」など同じモノがたくさんあります。



意外なメリット

「からまん棒」には、ラインの絡まり防止だけでなく他にも意外なメリットがあります。

サルカンの結び目から切れた場合、ウキが無くならない。

「からまん棒」が無いとウキがスルスルと切れたラインから抜けてしまいます。

しかし、からまん棒があるとウキが道糸に残るため回収されやすいです。

いけお
いけお

ウキは割と高価なので出来るだけ回収したいですね。

「からまん棒」でアタリが分かる場合がある。

こちらは、ガン玉など使用せずフリーで餌を沈める際に得られるメリットです。

ウキが自立する前のアタった際に「からまん棒」が走るため、そこで見分けることが出来ますね(^^)

いけお
いけお

からまん棒があるとトラブル無く釣りが楽しめますよ(^^)



使い方はとても簡単

いけお
いけお

からまん棒の取り付け方法はとても簡単です。

からまん棒の取り付け方法こんな感じ。

  1. 道糸(ライン)にウキ止め・シモリ玉・ウキの順で通しておく。
  2. ウキを通した後に「からまん棒」を通す。
  3. 「からまん棒」の後にサルカンを取り付ける。
  4. 取り付け位置ですが、仕掛けを宙ぶらりんにした時に棒ウキがサルカンに干渉しない位置に取り付ける事。
いけお
いけお

からまん棒とサルカンの間を棒ウキの長さより多めに取ればバッチリ!



釣果は変わるの?

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

「からまん棒」で釣果って変わるの?

私の考えでは、直接的な釣果には関係せず、間接的に釣果に繋がるアイテムだと思います。

「からまん棒」によりトラブルが軽減され釣りをする時間が増えた事により釣果が上がるのではないかなと(^^)

そのため、間接的に釣果に繋がる様しっかりとウキを止めてくれる「からまん棒」を使用しましょう。

いけお
いけお

私が使用しているモノはコチラです。

まとめ

「からまん棒」とは、ウキとラインの絡まりトラブルを軽減させるための便利アイテムです。

その他にも、ラインが切れた時のウキ紛失を防いだり、アタリをいち早く知ることが出来たりもします。

釣果には直接関係はせずともトラブルなく快適に釣りが楽しめるため、常に取り付けるようにしましょう。

最悪なくてもウキ釣りは出来ますが、絡まらないよう注意して釣りをしましょうね(^^)



注意・お願い

迷惑駐車は絶対にしない様にしましょう。
港の関係者には絶対迷惑のかからない釣りをしましょう。
また常識ですが、ゴミの持ち帰りやエサ等で汚れた場合は洗い流すようにしましょう。
立ち入り禁止の場所がありますので絶対に入らないようにしましょう(当方では一切の責任を負いかねます)
いけお
いけお
限られた釣り場が無くならないよう常識のある釣りをしましょう。

では、またね(^^)ノシ

↓この記事が良かったら、👍ボタンをお願いします(^^)

コメント

Copied title and URL