【エギング】冬にイカって釣れるの?

エギング
悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

エギングしたくてたまらない!

けど、冬のシーズンってイカ釣れる?

この記事は、

  • 冬ってイカ釣れるの?
  • 冬でのポイント選定について
  • 冬エギングに使えるアイテム

を紹介しています。

エギングってハマってしまうと、常にロッドをしゃくりたくてたまらない!

ってことが良くありますよね(^^)← 私だけ?

そんなエギング中毒に侵された方へ、私目線の12月・1月・2月の冬エギングスタイルをご紹介していきます。



実際、冬イカは厳しい

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

秋イカは釣りやすいけど、冬イカはどーなの??

ぶっちゃけ、この時期は釣りにくいです…

釣りにくい理由として、アオリイカは寒いのが苦手で暖流にあたるために深場に潜るから。

冬になれば気温が下がり、それに遅れて海水温も下がってきます。

そうなると、寒いのが苦手なアオリイカは暖流である対馬海流や黒潮の当たる深場に移動するわけです。

別に釣れないわけではないのですが、ショア(陸)から狙うには場所が限られるため釣りにくいのです。

海水温が下がると、寒いのが苦手なアオリイカは暖流に当たるべく深場に潜ってしまう!
いけお
いけお

この時期は気温も下がって人間にとっても厳しい気候ですよね…。



冬シーズンに釣る為の心得

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

やっぱり冬はオフシーズンなのかな?

確かにオフシーズンとして、別の釣りを楽しむこともいいと思います。

ボウスが続く事が多々ありますし、時間をかけて出向いた先でも報われない事が沢山あります。

しかし、ポイントの選定・時合・エギ選択など条件があえばアオリイカは必ず釣る事が出来ます。

難しいシーズンであるからこそ、釣ることが出来ればライバルに差を付けれます。

冬イカでスキルアップ・メンタルアップして春イカで発揮出来ればキロアップ爆釣間違い無しです(^^)

私なりの冬エギング攻略を詳しく解説していきます。

いけお
いけお

このシーズンは、難しいですがキロアップを狙えるので魅力がありますよ。



冬シーズンのポイント選定

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

秋イカはランガンだったけど、冬イカの狙い方は?

上記で解説したことを踏まえ、冬イカの狙い方をまとめると…

水深が深いポイント

水深は最低でも5m以上があり、急深が望ましいと言われています。

潮通りが良いポイント

どの魚種でも当てはまりますが、潮通りが良いと活性が上がりやすいため潮通りの良いポイントを選ぶことが大切です。

暖流が当たるポイント

暖流を見分けるにはこちらを確認しましょう。

気象庁 水温データリンク

(引用:国土交通省 気象庁)

暖かい海域を見分けるには最高のツールになります。

近場に春イカの実績があるポイント

4つ目に関しては私個人の考えになります。深場ポイントの近場に春イカの釣果実績があれば深場でも大型のアオリイカの回遊が期待できるため優良ポイントと位置づけしています。

以上、この4点を踏まえポイントを選定する事で冬シーズンでもアオリイカに出会える確率はグンと上がります。

いけお
いけお

秋イカをイメージして春イカ狙いのエギングすると痛い目を見るので要注意です!



冬イカの狙い方

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

秋イカはランガン・春イカは回遊待ち。

冬イカはどーなの?

結論から言うと、春イカ回遊待ち+深場という感じになります。

寒気なためアオリイカも積極的にエギを追っかけることは少なく、水深の深い場所で弱った餌など簡単に捕食出来るものを好むようです。

したがって、秋イカを誘うような激しいアクションではなく、エギをあまり動かさず海底でちょこちょこ動くような地味なアクションが有効です。

また使用するエギですが、ノーマルタイプ~ディープタイプが良いでしょう。

状況に応じて重量を調整するためのシンカーチューナーを使用すれば幅広いアクションが出来ますよ(^^)

ディープタイプのエギで深場を春イカ狙いのような地味なアクションが効果的
いけお
いけお

ただでさえ深場のエギングは難しいので、習得には時間が必要ですね…。



冬エギングに適したアイテム

私が実際に使っているアイテムを紹介します(^^)

シンカー

潮の流れや水深などの状況に合わせて、手持ちのエギに合うシンカーを試してみて下さい。

きっと自分が心地良く使えるシンカーに出会えると思います(^^)

ディープ用エギ

ディープ専用のエギを揃えてるのも釣果に繋がる良い手だと思います。

シンカーをプラスすると、本来のエギの動きを阻害する場合があるのでディープ専用だと安心して使用できますね(^^)

まとめ

12月〜2月の冬シーズンは、水温低下に伴いアオリイカ達は水温の安定した深場へ移動する習性があるようです。

したがって、ショアからのエギングではアオリイカは釣れにくくなります。

ですが、深場の暖流が当たるポイントであれば冬シーズンでもアオリイカを狙うことが可能です。

深場を狙うにあたって、適したアイテムもありますので有効活用したいところですね。

難しいシーズンでも釣果が出せるようにスキルアップするには良い機会では無いでしょうか(^^)

いけお
いけお

私も僅かながら冬にキロアップ釣った実績がありますよ!

では、またね(^^)ノシ

↓この記事が良かったら、👍ボタンをお願いします(^^)

コメント

Copied title and URL