初めてのオフショアはこれがオススメ!コスパ最強ジギング

SLJ
悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

ショアジギングはやってるけど、オフショアは初めて。

初心者でも出来る釣り方はないかなぁー

正直あまりお金もかけたくないなぁー

こんな疑問にお答えします。

この記事では、オフショアデビューを考えている方にコスパ最強かつ多種多様な魚が釣れるオススメのオフショアゲームをご紹介いたします。

  1. 初心者・女性でも出来るオフショアゲームとは?
  2. オフショアゲームで揃えるべきアイテム・タックル
  3. オフショアゲームでの誘い方・アクションについて

この3つをサクッと解説していくので、ぜひ参考にしていただければと思います。

いけお
いけお

オフショアめっちゃ楽しいから、このやり方で色んな魚に出会って欲しい!

 



初心者・女性でも出来る簡単なオフショアゲームとは?

誰にでも出来るオフショアゲーム、それはスーパーライトジギング(通称:SLJ)です。

何それ?って思う方が多いと思いますので、SLJについて簡単に説明します。

  • 30g~100gの軽量かつ小型のジグを使用するのがSLJ(ジギングは基本150g~300g)
  • そこにいる全ての魚がターゲット(青物・タイ類・根魚・ハタ類・ヒラメ・イサキなどなど)
  • ショアジギングの技術を活かせる
  • エリアにも異なりますが、主に近海で行う(移動時間が短い)
いけお
いけお

SLJは、軽量な道具・タックルで近海で行う釣りだから体力的な負担が少ないのです。

ビギナーアングラ―
ビギナーアングラ―

小さいジグを使うから色んな魚が釣れるわけですね!



SLJで揃えるべきアイテム・タックル

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

SLJって言っても、オフショア用の道具を揃えないといけないの?

SLJに使用するタックル・道具をひと通り説明します。
 
  • ロッド:30g~100gのジグを扱えるもの・長さは6フィート前半から中盤ぐらい(1.9mぐらいです)
  • リール:国内規格の3000~4000番ぐらい・2500番も使えない事もないですがパワー不足になりがち
  • ライン:PEラインで200m巻き・太さは0.8~1.0号でOK・リーダーは3.5~4号でOK
  • ジグ :30g~100gでOK・重さのチョイスは「水深の数字プラス10g」と覚えればOK
アングラ―
アングラ―

あれ? ロッド以外はショアジギングのタックルとほとんど同じだ!

そうなんです!
SLJは、ショアジギングをしている人は手持ちのタックルがほぼ使用することが出来るため一式そろえる必要性がないのです。
しかし、ロッドだけはオフショア用として購入したほうがいいです。
 
理由として、
  • 船の上でオーバーキャスト(上から投げる)は危険行為のため禁止されているから
  • 長いショアジギング用(8フィート以上)のロッドは狭い船の上では扱いづらいから
  • 短いオフショア用ロッドのほうが軽量のため体力的な負担が少ない
  • オフショア用ロッドはジグでバーチカル(船の真下)に攻めれるから
以上のことから、ロッドだけはオフショア用を購入したほうがいいです。
 
いけお
いけお

ロッド以外は、使い回しが出来るからコストパフォーマンスが高いね!



SLJでの誘い方・アクションについて

悩めるアングラ―
悩めるアングラ―

ショアジギングの道具が使えるけど、釣り方は違うんじゃない?

SLJの釣り方・アクション方法を説明します。
  1. ワンピッチ・ワンジャーク(ひと巻きごとにロッドを立てる動作)
  2. タダ巻き(その名の通りタダ巻くだけ)
  3. ストップ&ゴー(巻いて止めるの繰り返し)
  4. スローフォール(ゆっくりジグを落とす)
以上が、SLJのアクション方法になります。
 
アングラ―
アングラ―

あれ?ショアジギングの誘い方と同じだ!

ビギナーアングラ―
ビギナーアングラ―

タダ巻くだけなら女性の私にも出来そう!

SLJは、小さいジグを使用するためジギングのようなハイスピードでジグを動かすようなアクションはしません。

むしろ、SLJではロースピードかつ小さいジグでしか釣れない魚が多いため、ハイスピードでやると釣れにくくなる可能性があります。

したがって、ショアジギングと同じような誘い方・アクションになるわけです。

いけお
いけお

ショアジギングの技術がそのまま活かせます!



まとめ

以上をまとめると、SLJはこの通り。
 
  • 道具・タックルは軽量のため初心者・女性でも負担が少ない
  • 近海で行うため、船での移動が短い(エリアにも寄りますが…)
  • ジギングに比べ、SLJは釣れる魚種がはるかに多い
  • ショアジギングの道具・タックルが使えるためコストがかからない(ロッドだけは購入したほうがいい)
  • 誘い方・アクション方法はジグを派手に動かさないため初心者・女性でも出来る
  • 誘い方に関してはショアジギングとほぼ同じため持っている技術を活かせる(ショアジギ経験者のみ)
いけお
いけお

コストもかからないし、今も技術も活かせるからオフショア始めたいならSLJがオススメです!

そこからライトジギング・ジギングへステップアップして行くと良い釣果を出せると思います。

以上、参考になればと思います。

では、またね(^^)ノシ

 

コメント

Copied title and URL